記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Universe ENB VI リリース


※記事をコツコツと更新しています。

Universe ENB VI
ようやくアップしました。

リアリズムを根底に過不足のないスタンダードなビジュアルを目指しています。
昨今のENBプリセットのように幻想的な演出はなく、今の世代のゲームグラフィックとしては普通です。

精神的には Polo ENB や Superb ENB などに近いと思っています。

導入に際しての注意点として、付属の天候MODはCoTやPure Weatherといった天候MODと競合します。
それら天候MODをアンインストールしてから、こっちの天候MODをインストールしてください。

また、旧バージョンに付属している天候MODも合わないので使用しないでください。
旧バージョンからの乗り換えの方はアンインストールしてください。


Download : Nexus Mods

u6blog1.png


夜と屋内の明るさが違う2つのバージョンを用意しています。

ゲームプレイにやさしい明るさ Universe ENB VI - Bright
オブリビオンの夜のビジュアルをイメージしました。
20170513152024_1.jpg



リアルに暗い Universe ENB VI - Real
松明や焚火で確保できる明るさなんて、こんなもんでしょう。
この暗さで夜間うろついてドラゴンに見つかったら、なぶり殺しにされます。
20170513145002_1.jpg
このバージョンにおすすめなのが Immersive detection of NPC です。
夜間や暗いところで山賊などに見つかりにくくなります。
しかしながらドラゴンにも有効なのかは不明です。


また、雨のときにぬれぬれになります。
uenb6ameblo.png


今回は、
暗いバージョンは、より僕自身の好みの暗さに、
明るいバージョンは、よりゲームプレイ向けに明るく
調整しました。

もうちょっと暗くしたいな、もうちょっと明るくしたいな、という場合は、GUIなどで好みの調整やMODの追加などして遊んでみてください。



調整のポイント(例:Brightパージョン)

屋内の明るさの調整はenbseries.ini ファイル内の
[ENVIRONMENT]以下の
AmbientLightingIntensityInteriorDay=1.0
AmbientLightingIntensityInteriorNight=1.0
この2つのパラメーターが主になります。(屋内は昼夜同じ数値に揃えたほうがいいと思います。)

補助的な調整として、次にあげるパラメーターでバランスを取ります。
[ENVIRONMENT]以下の
DirectLightingIntensityInteriorDay=0.6
DirectLightingIntensityInteriorNight=0.6
これは、あくまで補助なので不安な時はいじらなくて大丈夫です。

屋内の印象や雰囲気は
[ENVIRONMENT]以下の
PointLightingIntensityInteriorDay=0.65
PointLightingIntensityInteriorNight=0.65
このポイントライトのパラメーターで室内照明の明るさを調整できます。


屋外の明るさはenbseries.ini ファイル内の
[ENVIRONMENT]以下の
DirectLightingIntensityNight=0.3
AmbientLightingIntensityNight=1.1
2つのパラメーターが主で、これは双方のバランスを取りながら調整してみてください。

パラメーターの数値の入力は自由に設定できますが、
もとの数値から離れすぎない程度に様子を見ながら
設定すると失敗しにくいでしょう。




コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。